グローバルサプライチェーンにおけるEDI最前線

デジタルを活用した倉庫・物流の可視化の重要性について

グローバルサプライチェーンにおけるEDI最前線

グローバルビジネスでサプライチェーンマネジメントを成功させるためには、国や地域、業界をまたぐ取引先との情報連携が不可欠だ。海外の取引先への「販売」、海外のサプライヤーからの「部材調達」、海外の倉庫や輸送業者との「物流」、海外の銀行との「財務」など、日々の業務で EDI(Electronic Data Interchange)を活用した情報連携が行われています。

本書ではグローバルサプライチェーンマネジメント最適化の核とも言うべき「倉庫」と「物流」業務に焦点をあて、EDI と最新のデジタルテクノロジーを活用した倉庫・物流の可視化がいかに重要かを解説してまいります。

フォーム入力後に資料をダウロードいただけます。


Ebook

資料ダウンロード

資料をダウンロード